熟練の技術、柔軟な開発力で各種弁の製造・メンテナンスを行う株式会社 利昭工業

サイトマップ

利昭工業 利昭工業

株式会社 利昭工業 電話番号06-6951-4034
FAX番号06-6954-1650

受付時間 / 9:00~17:00(土日祝・休業日を除く)

工具を持って走り回る、異色の営業スタイル。
両方の面白さを実感できる両得な仕事です。

 営業はいろんなお客様を持っていますが、僕の場合は既存ユーザーさんが中心。商社さんにも入ってもらいながら個別の工事を完了まで取りまとめして帰る、というスタンスなんです。だから通常の営業とはちょっと違いますね。現場の工事も担当しながら、新しいものを買ってもらったり追加注文の処理をしたり。工事側の人間が営業もしている…そんな感じですね。
現場は長いと1ヶ月くらいかかることもあります。その間に予期せぬトラブルが起こると、担当者と一緒に悪いところを直していきます。この「一緒に」がミソで、信頼関係がそこで生まれるんです。1ヶ月一緒にいる間に、いろんな話をしますよ。提案もします。そんなやりとりで認めてもらえると、新しいものが売れる、モノづくりのきっかけができる…苦労もありますけど、そういうのが面白いなと。

お客様でも、友達のような親しい間柄になりたい。
だから一度いただいた信頼は裏切れないんです。

 僕は、お客様…というより、担当者を幻滅させないことを信条にしています。仕事が終わると担当者がまず評価してくださるでしょ。彼らが満足してなかったら、そこでその仕事は終わりです。でも、高く評価してくださったら、次も、次も…って繋がっていく。そういう人と人の関係を何より大切にしたいんです。信頼してもらっている以上、その信頼は裏切りたくないですし。
長く現場にいるとね、トラブルを解消したぞ!って達成感も一緒に味わえるんです。仲間意識っていうか、そういうものが立場と関係ないところで生まれてくる。僕はお酒が好きだから、担当者とも飲みに行きます。そんな風に繋がれることが何よりうれしいことですね。「仕事に行ってるのか、遊びに行ってるのかわからん」って社長によく言われますけど(笑)。 地方巡業(笑)していると、うちと同じような構内業者さんとも仲良くなります。すると、忙しいとき「手伝ってくれないか?」と声をかけたら助けてくれるんです。そういう横の繋がりも自分の財産になってます。

悪いところを直すだけが仕事じゃない。
お客様に満足いただくために、技術も人間関係も磨いてます。

 うちは自社製品だけじゃなくて、他社製品も整備します。
バルブは種類もたくさんあって、使われる場所もいろいろ。場所や種類によってメンテナンス業者も変わるはず…なんですが、利昭の職人はどんなバルブも扱えます。
それに、通り一遍のメンテナンスだけじゃない。運転中のちょっとした困りごとや、うちが触ってないところの問題も相談されるし、社内の調整もしながら「こんなのはどうですか?」ってご提案します。当然既設のものも使うけど、今の状況に合うバルブを新たに作ったりもします。お客様がすごく困ってるトラブルには、たった1台のためでも全社あげて労力を費やす。そういう会社です。その持ち味を活かすには、やっぱり信頼関係がないと成り立ちません。
今は既存のお客様担当ですけど、新しいところに行くことになっても、同じように仲の良い人間関係を築いていきたいですね。新しい出会いってワクワクしますよ。